よくわかるバッテリー何でも情報局

"開栓型バッテリーはフタを開けて補水することとなる一般的なバッテリーと言えます。
現行で販売されているカルシウムタイプにおきましては電解液の減少量も減ってきており一昔前と比較すると大分メンテナンスフリーに近づいてきたのではないでしょうか。

 

しかし日ごろのメンテナンスは必須となります。
開栓型のアンチモンバッテリーというのは液減りがかなり早いタイプとなっており車両火災の原因ともなったバッテリーにおきまして、この影響により極板素材のカルシウム化、そしてシールドタイプバッテリーの開発と研究が躍進したのです。

 

このバッテリーのメリットとしましては密閉式のメンテナンスフリーバッテリーに比べて若干価格が安いということと、バッテリー上り時の充電回復性能というものがあります。"



▼車-バイク-工事系:バッテリートラブルの種類ブログ:11-3-2020

ダイエット中は
タブーとされがちな間食ですが、
食べすぎなければ問題ないみたいですよ。

逆にご飯とご飯の間が長い場合、
間食して空腹を抑えておくことで、
食べすぎを予防できます。

我慢するより、
間食のとり方を工夫するべきなんですね。

まず、
間食は1日100Kcal以下を目標にしましょう。
最近はカロリー表示されているものが多いので必ずチェック。
それ以上食べてしまったときは、
夕方食の量で調整しましょう。

ショートケーキやチョコレートなどは脂肪分が多く、
カロリーが気になります。
食べたいときは量を少なめにして、
コーヒーやお茶とともにゆっくり味わいましょう。

ダラダラ食べ続けるのはやめて、
1日1回、昼食と夕方食の間に
「おやつの時間」を作りましょう。

また
寝る前に食べると体脂肪になりやすいので、
夕方食後の間食は控えめに!

ダイエット中はご飯量をセーブすることで、
ビタミン、ミネラル、食物繊維など、
ヤセ体質やキレイ肌を作る成分までもが不足しがちです。

なので、
くだもの、ヨーグルト、さつま芋、かぼちゃ、ドライフルーツ、ゼリー
寒天、わらびもち、くずもち、雑穀入りクッキー、シリアル…などが、
ダイエット中の間食としてオススメです。

間食しても物足りない、
なんだか口寂しいというときは、
紅茶やウーロン茶、コーヒーなど
ノンカロリーの飲み物で落ち着かせましょう。

また食べたあとにすぐ歯を磨くと、
くちの中がさっぱりして、間食を予防できますよ。

食べる量とタイミングに気をつけて、
ダイエット中でも甘いものを楽しんでくださいね。