よくわかるバッテリー何でも情報局

"開栓型バッテリーはフタを開けて補水することとなる一般的なバッテリーと言えます。
現行で販売されているカルシウムタイプにおきましては電解液の減少量も減ってきており一昔前と比較すると大分メンテナンスフリーに近づいてきたのではないでしょうか。

 

しかし日ごろのメンテナンスは必須となります。
開栓型のアンチモンバッテリーというのは液減りがかなり早いタイプとなっており車両火災の原因ともなったバッテリーにおきまして、この影響により極板素材のカルシウム化、そしてシールドタイプバッテリーの開発と研究が躍進したのです。

 

このバッテリーのメリットとしましては密閉式のメンテナンスフリーバッテリーに比べて若干価格が安いということと、バッテリー上り時の充電回復性能というものがあります。"



▼車-バイク-工事系:バッテリートラブルの種類ブログ:14-8-2020

ウエストをへこませるということは、
最終的には、ウエストについた脂肪が減って、
体重も減少するということです。

体重を減少させる最大の要因は
消費カロリーと摂取カロリーのバランスです。

消費と摂取のバランスが良く、必要な分だけ食べていれば、
太りもしないし、痩せもしないとなるわけです。

自分として一定の体重を維持していくことが、理想的な状態で、
減量成功後には、
この状態を続けていくことが大切になります。

人間の身体は、加齢と共に基礎代謝が低下します。
その分、食べる事量を減らさなければ太ってしまいます。

若い時と、年をとってからでは運動量も違います。

年齢的に代謝が落ちても
以前とほとんど同じ量の食べる事を食べていては、
摂取カロリーが多くなって太りやすくなります。

個人的な体質にもかなりの差があります。
同じ量の食べる事を食べてもどれだけ吸収するか、
運動にしても消費カロリーは同じではありません。

なので、
自分の体質に合った方法で減量することが大切です。

もうひとつ大切なことがあります。
それは、
「減量=苦しい」と考えていたのでは、
成功は望めないということです。

減量中は苦しいと思う人がほとんどですが、
実質的には、何の我慢もしていないのではないのでしょうか?

必要以上につい食べ過ぎてしまった自分に対して、
自己嫌悪になるのが苦痛なだけで、
減量の苦しみとは関係ないのではありませんか?

苦しいな…と思うから
減量が最後まで続かないのです。
急激に体重を落とそうとするから辛くなるのです。

ひと月に1〜2キロを確実に減らしていけば、
一年で20kg前後の減量になります。
ゆっくり確実な減量を心がけるべきです。